生豆のハンドピック

コーヒー生豆のハンドピック

まず最初に行うことは生豆のハンドピックです。生産者さんの大変なご苦労で収穫されたコーヒー豆を文字通り肌で感じる最初の瞬間です。

ハンドピックに始まりハンドピックに終る

ハンドピックとは、生豆に混ざる、通称「貝豆」と呼ばれる豆や、虫食いの豆、実が入ってない豆、死んでいる豆、様々な過程で入り込んでしまった異物などを手で拾ってゆく作業のことを言います。そしてこの作業は焙煎後にも、もう1度行います。

「キメの細かさ」の原点

こういった細かい作業が「キメの細かいおいしさ」を作り出すための原点と言えます。