南の島(小笠原諸島父島)にてマーメイドカフェさんがオープンしました!

出店場所は太平洋に浮かぶ美しい島、小笠原諸島にある父島です。お名前はマーメイドカフェ。文字通り人魚(マーメイド)のシルエットを目印にしたボディのステッカーが印象的なお車です。実はオーナーの新井さんご自身が、これまでスキューバダイビングをご職業にされてきた小麦色のマーメイドそのものなんです。出店にかかった費用は約95万円!

詳細はこちらです→小笠原諸島・父島の移動カフェ店紹介!のページへ

本格グリルの移動販売車が静岡県伊豆半島にてオープンしました!

グリルの機械を積みこんだ、その場で作る本格グリル料理の移動販売車です。名前は「よつ葉グリル」号。出店価格はもちろん100万円以内!通常のこの形態のお店より150万円以上安い激安価格です!

詳細はこちらです→移動グリル店紹介!のページへ

群馬高崎店さんがオープンしました!

移動カフェ 高崎店

高崎店オーナーの大橋さんは、親御さんの介護のかたわら何かできるものはないかと考えたところ、以前から頭のどこかにあった移動カフェという存在がすぅーと心の真ん中に降りてきたそうです。「空けられる時間を有効に生かしながら人生に訪れたこのタイミングを大切にしていきたい。」とおっしゃいます。詳細はこちらのページへ

群馬前橋店さんがオープンしました!

移動カフェ 前橋店

前橋店オーナーの平野さんは、ご病気で連続3回の手術を繰り返す中、病床で生を見つめたそうです。「動けることは華。動ける時に動こう、今思ったことを今やろう。動くことが華!」そんな思いが移動カフェの存在と結びついたそうです。

BuBuカフェ前橋店取材

平野さんの強い気持ちはすぐに地元テレビ局の取材を受けました。また、アメブロでお店のブログもスタートしています。

出店場所など最新の情報はこちらから → bu-bu-plainのブログ

bu-bu-plainのブログ

前橋店さんの開業総額内訳、画像などの 詳細はこちらのページへ

川口店さんがオープンしました!

川口店

印象的なボディーカラーが視線をクギ付けにする川口店オーナーの叶さんの移動販売車です。小物も同じように深い緑色で統一するなど、ハイセンスな魅力がいっぱい!

東京店さんがオープンしました!

東京店

すでに内装ができあがっているキッチンカーを購入されフードメニューに積極的に取り組まれる東京店オーナーの伊佐さん。ドリンクだけでは時間帯売り上げにムラが出ますが、お腹を満たせるメニューを取り入れることでそれをカバーできるのが強みです。ドリンク、フードの相乗効果が期待できる全方位対応の移動カフェ!

看板料金、ロイヤリティーなし!

はじめまして!ブーブーカフェ事業部・運営責任者の清水三喜と申します。 当社ビショップコーヒー(群馬県高崎市拠点・ホームページはこちら)は、コーヒー豆の焙煎・卸売り販売が主な事業ですが、移動カフェで独立開業される方の支援事業も行っています。名前は【BU-BU CAFE / ブーブーカフェ】。

ブーブーカフェでは、コーヒーにたずさわる仲間を少しでも増やしたい、そして少しでもみなさんの夢のお手伝いをできれば、と思い行っておりますので看板料金、ロイヤリティーは一切ありません。まずは左のメニューから価格表をチェックして下さい!

移動カフェ・フランチャイズ店

移動カフェ出店のご依頼お待ちしております!

出店依頼

ブーブーカフェは、住宅展示場、商店街イベント、ショップイベント、ロケ現場など、お呼びいただければどちらへも参ります。

住宅展示場に

移動販売車ならではの温もりはお子様からご年配の方々まで幅広い人気を持っています。お客様へのおもてなしにもぴったりですし、イベントのにぎやかし役にもぴったり!。出店対応地域、出店形態、お値段など詳しくは「出店ご依頼詳細」のページへ。

栃木店さんがオープンしました!

伊豆店さんがオープンいたしました!

古民家カフェから出動する移動カフェ号!二足のわらじの函館店さん